CisLugI-シスラギ-「D.彼岸の獣は言葉を喰んだ」

記憶喪失の少年、平河行衛(ひらかわゆくえ)は絶えず自身に喪失感を抱きながらに過ごしていた。自らが通う金剛寺学園からの帰宅途中、彼は偶然尊厳維持装置に噛みつく少女、逢沢遠恩(あいざわとおん)と出会いその姿に目を奪われる。遠恩に魅せられ彼女を追う行衛を待っていたのは、死体だった。こうして行衛は、次第に阿賀野区連続殺人事件へと関わっていくことなる。自殺と他殺、記憶(すべて)を喪った行衛の語る‘生きる意味’とは。これは、彼がかたり出すまでの話だ――———————–【CONCEPT】『CisLugI〜シスラギ〜』は、同じ世界観を舞台としたオムニバス形式のビジュアルノベルです現代とは異なる歴史を歩み、個々人の「死ぬ権利」が拡充された世界で全く視点の異なる主人公達が「命とはなにか」を模索し物語を織りなしていきます個別のルートごとに存在する主人公とヒロインそれぞれのルートがジャンルも異なる独立した物語として成立しながら、全てのルートを通す事で「ひとつの群像劇」としてもお楽しみいただけるビジュアルノベルとして開発されていますつまり『CisLugI〜シスラギ〜』とは、単一の作品を指すのではなく、統一された世界観の中に存在する複数の作品群の総称であるのです【WORLD】「死にたい」と口にするだけで死ねる世界国際協和連合の下、『尊厳維持装置』という針状の爆弾が国民全員の脳内に埋め込まれ十数年が経った「死にたい」と口にするだけで起爆するその爆弾により人々は苦しまず、いつでも気軽に自殺を行えるようになった自爆によって高齢化社会、雇用問題、人口問題、イジメ、食料問題、医療問題等の様々な社会問題は解決され、世界は更なるステップへとアップデートされたもはや死は終末の恐怖ではなく、身近な安らぎとして人間の持ちうる最大の権利であると人々は確信していたある少年と少女を除いては

CisLugI-シスラギ-「C.不良の少女は愛を知らない」

片親の父とのわだかまりを抱え、悩み続ける思春期真っ只中の少女、但馬(たじま)すみれには2つの秘密があった。1つは彼女の尊厳維持装置が壊れている事。すみれの尊厳維持装置は「死にたい」と叫んでもすみれの声を認証する事はなかった。2つめは裏路地の不良を退治して回る阿賀野区の都市伝説、「マフラー小僧」その人である事。何故自分の尊厳維持装置は壊れているのか、葛藤の中で人を救い続けるすみれの前に立ちはだかる最後の事件とは──これは、正しさと命の尊さを問う等身大の物語。———————–【CONCEPT】『CisLugI〜シスラギ〜』は、同じ世界観を舞台としたオムニバス形式のビジュアルノベルです現代とは異なる歴史を歩み、個々人の「死ぬ権利」が拡充された世界で全く視点の異なる主人公達が「命とはなにか」を模索し物語を織りなしていきます個別のルートごとに存在する主人公とヒロインそれぞれのルートがジャンルも異なる独立した物語として成立しながら、全てのルートを通す事で「ひとつの群像劇」としてもお楽しみいただけるビジュアルノベルとして開発されていますつまり『CisLugI〜シスラギ〜』とは、単一の作品を指すのではなく、統一された世界観の中に存在する複数の作品群の総称であるのです【WORLD】「死にたい」と口にするだけで死ねる世界国際協和連合の下、『尊厳維持装置』という針状の爆弾が国民全員の脳内に埋め込まれ十数年が経った「死にたい」と口にするだけで起爆するその爆弾により人々は苦しまず、いつでも気軽に自殺を行えるようになった自爆によって高齢化社会、雇用問題、人口問題、イジメ、食料問題、医療問題等の様々な社会問題は解決され、世界は更なるステップへとアップデートされたもはや死は終末の恐怖ではなく、身近な安らぎとして人間の持ちうる最大の権利であると人々は確信していたある少年と少女を除いては

CisLugI-シスラギ-「B.道化の電波時計は時を刻むのか」

世界で最も資産を持つと言われる阿賀野コーポレーションの社長、金剛寺春人(こんごうじはると)は、自殺を「誰に停める事も出来ない権利である」とし、尊厳維持装置を肯定してきた。そんな彼には誰にも明かしていない秘密があった。金剛寺は、自殺をしてしまった最愛の幼馴染、阿賀野阿立(あがのあだち)の幽霊が視えてしまうというパラノイアに犯されていたのだ。そんな彼は、夜の公園で幽霊が視えるという少女、女未子重音(めみこかさね)と出会い──「君、憑りついてる?」「バレた」これは、愛と死を巡る物語。———————–【CONCEPT】『CisLugI〜シスラギ〜』は、同じ世界観を舞台としたオムニバス形式のビジュアルノベルです現代とは異なる歴史を歩み、個々人の「死ぬ権利」が拡充された世界で全く視点の異なる主人公達が「命とはなにか」を模索し物語を織りなしていきます個別のルートごとに存在する主人公とヒロインそれぞれのルートがジャンルも異なる独立した物語として成立しながら、全てのルートを通す事で「ひとつの群像劇」としてもお楽しみいただけるビジュアルノベルとして開発されていますつまり『CisLugI〜シスラギ〜』とは、単一の作品を指すのではなく、統一された世界観の中に存在する複数の作品群の総称であるのです【WORLD】「死にたい」と口にするだけで死ねる世界国際協和連合の下、『尊厳維持装置』という針状の爆弾が国民全員の脳内に埋め込まれ十数年が経った「死にたい」と口にするだけで起爆するその爆弾により人々は苦しまず、いつでも気軽に自殺を行えるようになった自爆によって高齢化社会、雇用問題、人口問題、イジメ、食料問題、医療問題等の様々な社会問題は解決され、世界は更なるステップへとアップデートされたもはや死は終末の恐怖ではなく、身近な安らぎとして人間の持ちうる最大の権利であると人々は確信していたある少年と少女を除いては

CisLugI-シスラギ-「A.罪過の兎は手を伸ばす」

生きる理由を失くした少女和泉冬伽(いずみ とうか)は、ひょんな事から尊厳維持装置根絶を掲げるテロリスト日野原矜次(ひのはら きょうじ)と出会う。自分をテロリストにして欲しいと冬伽に懇願された矜次は、戸惑いながらも彼女を‘組織’へと招き入れる。矜次と共に暗い過去を清算し‘生きる理由’を取り戻した冬伽は、テロ活動の中で尊厳維持装置の秘密を知っていく事になる……。それが、残酷で過酷な運命の始まりであった──人は生きる為に産まれたのか、死ぬ為に産まれたのか、究極の問いを突き付ける過酷な物語の序章が、今幕を開けた。———————–【CONCEPT】『CisLugI〜シスラギ〜』は、同じ世界観を舞台としたオムニバス形式のビジュアルノベルです現代とは異なる歴史を歩み、個々人の「死ぬ権利」が拡充された世界で全く視点の異なる主人公達が「命とはなにか」を模索し物語を織りなしていきます個別のルートごとに存在する主人公とヒロインそれぞれのルートがジャンルも異なる独立した物語として成立しながら、全てのルートを通す事で「ひとつの群像劇」としてもお楽しみいただけるビジュアルノベルとして開発されていますつまり『CisLugI〜シスラギ〜』とは、単一の作品を指すのではなく、統一された世界観の中に存在する複数の作品群の総称であるのです【WORLD】「死にたい」と口にするだけで死ねる世界国際協和連合の下、『尊厳維持装置』という針状の爆弾が国民全員の脳内に埋め込まれ十数年が経った「死にたい」と口にするだけで起爆するその爆弾により人々は苦しまず、いつでも気軽に自殺を行えるようになった自爆によって高齢化社会、雇用問題、人口問題、イジメ、食料問題、医療問題等の様々な社会問題は解決され、世界は更なるステップへとアップデートされたもはや死は終末の恐怖ではなく、身近な安らぎとして人間の持ちうる最大の権利であると人々は確信していたある少年と少女を除いては

CisLugI-シスラギ-(4編収録版)

【CONCEPT】『CisLugI〜シスラギ〜』は、同じ世界観を舞台としたオムニバス形式のビジュアルノベルです現代とは異なる歴史を歩み、個々人の「死ぬ権利」が拡充された世界で全く視点の異なる主人公達が「命とはなにか」を模索し物語を織りなしていきます個別のルートごとに存在する主人公とヒロインそれぞれのルートがジャンルも異なる独立した物語として成立しながら、全てのルートを通す事で「ひとつの群像劇」としてもお楽しみいただけるビジュアルノベルとして開発されていますつまり『CisLugI〜シスラギ〜』とは、単一の作品を指すのではなく、統一された世界観の中に存在する複数の作品群の総称であるのです【WORLD】「死にたい」と口にするだけで死ねる世界国際協和連合の下、『尊厳維持装置』という針状の爆弾が国民全員の脳内に埋め込まれ十数年が経った「死にたい」と口にするだけで起爆するその爆弾により人々は苦しまず、いつでも気軽に自殺を行えるようになった自爆によって高齢化社会、雇用問題、人口問題、イジメ、食料問題、医療問題等の様々な社会問題は解決され、世界は更なるステップへとアップデートされたもはや死は終末の恐怖ではなく、身近な安らぎとして人間の持ちうる最大の権利であると人々は確信していたある少年と少女を除いては▼収録作品CisLugI-シスラギ-「A.罪過の兎は手を伸ばす」CisLugI-シスラギ-「B.道化の電波時計は時を刻むのか」CisLugI-シスラギ-「C.不良の少女は愛を知らない」CisLugI-シスラギ-「D.彼岸の獣は言葉を喰んだ」※ご購入後は、1タイトルずつダウンロードが可能です。