シルヴァリオ ヴェンデッタ −Verse of Orpheus−【全年齢向け】

西暦2578年──その年、世界は崩壊した。それはやがて訪れる近未来。化石燃料の枯渇が叫ばれ始めた時代、各国が数少ない資源を奪い合う中で日本は未知の素粒子『星辰体アストラル』の発見に成功する。一躍エネルギー問題解決へと踏み出すがしかし、日本の一国台頭を認めない各国は新技術の奪い合いへと乗り出した。第五次世界大戦の勃発である。開かれる戦火。世界全土を巻き込んで激しさを増す争いの中、人類最大の大戦はやがて予想外の顛末へと突入した。星辰体アストラルを用いた新型の動力炉が暴走──高位次元への急激な干渉から、大規模な空間震災が発生──爆心地である日本は、ユーラシア大陸の東半分と共に消滅──そして、第二太陽アマテラスの誕生により急激な変化を起こした地球環境。電子回路の死と共に文明の維持は不可能へと陥り、地球に深い爪痕を残した勝者なき戦争は静かにその幕を閉じるのだった。そして──人々が復興と停滞を反復しながら約1000年。時は新西暦1027年──かつて起こった大破壊を境に旧西暦と区分されてから、およそ十世紀。旧・西ヨーロッパ地方に位置する軍事帝国アドラー、その首都は史上稀に見る未曾有の災禍に襲われていた燃え盛る街並み。噴出する血と悲鳴。底なしの絶望が渦巻く地獄のような光景に、それを生み出した二体の異形は静かに男へ問いかけた。怪物は語る。おまえの運命を試してやると。英雄は挑む。我が宿命を見くびるなと。星辰体の恩恵を受け、激突しあう両者の死闘は筆舌に尽くしがたく。ゆえに伝説へと高じ、涙と悲劇を土台にしながら英雄譚を作り上げた。それがあまりに凄まじく、雄雄しく熱く、胸を焦がすものだから……ゼファー・コールレインは思うのだ。あんな強さに自分はとてもついていけない──近づきたいとも思わない。そして、だからこそ逃げ出した。遮二無二構わず、一心不乱に。続けて願った。勝利を目指して傷つくことなく、当たり前に生きて死のうと。たった一人、救い出した少女に誓い、彼はすべてに背を向けたのだ。ゆえに、これは英雄の物語ではない。これは敗者の物語。一度逃げ出した男が自分の星を取り戻すべく、足掻き抗う物語である。それを導くは死に包まれた少女の囁き。冥界の底で死想恋歌は吟遊詩人へと愛を告げる。「──『勝利』からは逃げられない。さあ、逆襲を始めましょう」

Dies irae 〜Amantes amentes〜 HD −Animation Anniversary−【全年齢向け】

1945年、5月1日……ドイツ。陥落するベルリンにあって、ある儀式を行っている者たちがいた。彼らにとって戦争に敗北することなど些事であり、むしろそれによって生じる夥しい犠牲者たちを、儀式の触媒として生贄に捧げようとしていた。その試みが成功したのか失敗したのか、誰にも分からない。彼らは終戦後、行方をくらまし、生きているのか死んでいるのか、そもそもそんな者たちが本当に存在したのか、やはり誰も分からないまま、噂だけが広がっていく。聖槍(せいそう)十三(じゅうさん)騎士団(きしだん)――時代の闇が生んだ超人たち。彼らはいずれ戻ってくる。そのとき世界は破滅する。ゆえに、再来を許してはならない――と。そして61年の歳月が流れた。彼らを知っている者たちは、その大半が死んでしまい、皆が彼らを忘れていた。しかし――2006年……日本。諏訪原(すわはら)市の学園に通う藤井(ふじい)蓮(れん)は、とある事件を境に親友・遊佐(ゆさ)司狼(しろう)と決裂し、殺し合いじみた喧嘩の果てに二ヶ月間の入院生活を余儀なくされていた。季節は秋から冬に――クリスマスを間近に控えた12月。半身をもがれたような喪失感を覚えつつも、退院した蓮は司狼のいない新たな日常を構築し直そうと思っていた。失ったものは戻らない。ならせめて、今この手にあるものを大切に……と。だが、それすらも崩れ去る。夜毎見る断頭台の夢。人の首を狩る殺●犯。それを追う黒衣の‘騎士’たち。常識を超えた不条理が街を覆い、侵食していく。その異常は二ヶ月前の比ではなく、今まで積み上げてきたすべてのものを粉砕する暴力的なまでの非日常。変わらなければ、生きられない。生き残らないと、戻れない。加速度的に狂っていく世界の中、蓮は独り、日常と非日常の境界線を踏み越える。何も大層なことを望んでいるわけじゃない。正義や大義を振りかざしたいわけでもない。ただ、還りたいだけ。つまらない、退屈だけど平凡で暖かかったあの頃に。悲壮な決意を期する胸に、司狼の声が木霊する。この街に住んでいたら、遅かれ早かれどいつもこいつも気が狂う――と。聖槍十三騎士団との戦い狂気と殺戮と呪いに満ちた戦争の続きその果てに、蓮はいったい何を見るのか…