IS<インフィニット・ストラトス>アーキタイプ・ブレイカー

IS<インフィニット・ストラトス>の公式外伝ストーリーが、DMM GAMESに登場!西暦2022年。 世界で唯一ISを扱える男子として織斑一夏はIS学園に入学する。そこで幾多の出会いを重ねて成長した一夏の前に突然の脅威が訪れる。 『絶対天敵(イマージュ・オリジス)』 のちに世界災厄として定義される無機物疑似生命の襲来が、世界を一変させることになる。 イマージュ・オリジスの展開する虚空結界(タイムゼロ・エンド)には通常兵器の一切が通用しなかった。そこで世界最強の飛行パワードスーツであるISがその結界に対して有効な打撃を与えられることから、世界中のISは準戦闘待機状態へと移る。そしてそれはIS学園でも同じことだった。 世界で最も多くISが集まる日本の中心地で、それまで散発的に世界を襲っていたイマージュ・オリジスはターゲットをIS学園に集中させる。 一夏たちは学園生活と未知なる敵との戦い、その二重青春を駆け抜けることになる。※当商品は、同名ソーシャルゲームのシナリオをまとめたものになります。(c)DMM GAMES (c)Izuru Yumizuru, OVERLAP/Project IS

【E15版】シルヴァリオ ラグナロク

※本製品は15歳以上推奨です。無謬の千年王国にて、衆生を統べる神在れかし。現人神は不老、不朽、そして不死。永劫翳らぬ神威と共に、天地へ森羅の理を敷く。よって、衆生に救済無し……神は人など救わぬゆえに。遍く命は皆等しく、神天地創生へ捧げる供物なのだから。ならばこそ、終焉吼竜<ニーズホッグ>は許さない。運命が、終焉が、希望<ヒカリ>を以て焼き尽くす。運命に約束された‘‘神祖滅殺’’が幕開けるのだ。新西暦1036年──カンタベリー聖教皇国。そこは人智を超えた超越者、四柱の神祖が司る巨大な実験場に他ならない。平和な宗教国家などという謳い文句は、総じてまやかし。嘘偽りの虚飾だった。神祖の真実は、旧歴崩壊を生き延びた大和の民。よって彼らは日本を崇める教義を唱えた。民草を己が理想の薪木とくべる、盲目の羊とするために。そう、この国では生かすも殺すも神々の胸先三寸。人間には生殺与奪の権利など、その実どこにも存在しない。丸々と肥やした後で家畜を屠殺するかのように、喜びと幸福を一つ残らず解体しながら欠片も残さず収穫していく。そして闇に葬るのだ。結果、何度も、何度も何度も、何度も何度も何度も何度も果てしなく……繰り返される慈悲無き残酷な神の所業。蹂躙された世界法則に従い、結晶へと変化する何も知らぬ無辜の民草。燦爛と煌きながら血を喰らい、肉を喰らい、赤子も老人も区別なく、数多の悲鳴を貪りつくして星の樹海が降誕する。禍々しくも荘厳で、おぞましくも幻想的な光景に報いも咎めも訪れない。なぜなら、これを望んだ神々は千年王国を築いてきたから。散らした命の何億倍も、多くの平和を民草へもたらし続けてきたから。支配体制が確立して早、千年。大多数への幸福という道理を固めた大盾は、すべての嘆きを封殺し続け……その果てに凝縮していく呪い、怒り――すなわち禍津。消しても消しきれない屍山血河の業を担い、神へ報いを与えるべく嚇怒の化身が天に吼える。ふざけるな。認められるか。そんな勝利<こたえ>は糞喰らえだ、と。壊滅する故郷を前に覚醒する二つの影。厄災の星を轟かせながら、神祖の滅びを希いラグナ・ニーズホッグは邪竜と化した。絶望<ヤミ>を穿て、噛み砕けと。猛る宣誓に応えるかの如く、ミサキ・クジョウも愛する男を血濡れの月で照らすのだ。よって、神託は下される。銀に煌く大いなる狼の冬と共に。「おまえは‘‘運命’’であらねばならない」「おまえは‘‘終焉’’であらねばならない」「おまえは‘‘希望’’であらねばならない」ゆえにいざ、終焉吼竜<ニーズホッグ>は斯くやあらん。 地獄を超えたその先で、笑顔の花を咲かせるために。失墜せよ、神々の千年王国。葬想月華<ツクヨミ>は今、此処に運命の車輪を回す。「汝、希望<ヒカリ>の殉教者よ――我が心臓に牙を立て‘‘神殺し<ラグナロク>’’を完遂せよ」